スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の学び…

月曜日
伯母(母の従姉妹)のお見舞いに行った。
前にブログに書いたように、舌と首辺りの筋肉が衰える難病と言われ、余命が数ヶ月と言われた。
伯母は人に尽くす人で、自分は後回し、迷惑をかけないように生きてきた人。
今は病気のために、しゃべる事、食べる事が困難になっている。喋れないのは、あいうえお順の表でカバー、食べるのはすべてミキサーにかけ、流動食にして少しずつ食べている。
その伯母が週に一回みよルームの整体を受けに年末まで来てくれていた。
お正月休みが少し心配だった。
その心配が的中~(>_<)
ほとんど食事がとれない状態で体が衰弱し、伯母方の兄弟が見に行った時は、100歳くらいのお婆さんに見えるほど立てず、歩けない状態になっていた。まだ73歳なのに。そして即入院。数日後お見舞いに行ったら、年末に会った時くらいには回復していた。

同じ日に母方の祖母から電話があり、転んだから来てくれ!と。
こちらは、遠慮知らずで、自分がいい時に思ったら電話してくる。あれしてくれ、これしてくれ、あれ買ってきてくれ、これ買ってきてくれ。

両極端の親戚のパターンを見て私は何を学ぶべきか?

その日の夜スタートした松潤主演の月9ドラマ♪
内容はともかく、そのドラマの中で、私に響いた松潤の台詞…
「お前の死に様なんて誰も見たくないんだ!」

ピン!

そう、誰も人が死ぬところなんて見たくない。
でも、人は命に限りがある。
そしたらどんな人生を歩み、どんな死に方で終わりたいか…

少しくらいわがまま言っても、少しくらい人に迷惑かけても、自分の人生OK!ラッキー(*^▽^)/はちゃめちゃ楽しかった(^O^)~って言える。そして自分の大好きな人たちに囲まれて最期を迎えたくない?

私はそうしたい。だからどう生きるべきか?を学び、考え、行動する。

私には有り難いことに子供を神様が与えてくださった。10歳になる子供に、私が学んだことを継承していきたい。

縛られず自由に生きるように。

最後に昨日18日の大丈夫カレンダーの言葉。

幼かったり年をとったりして
あるいは病気や障害をもって
どうしても手を
貸さざるを得ない状況のなかで
まわりの愛を引き出す
「愛の先生」がいます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みよ

Author:みよ
元バレリーナが提唱する”やさしい”感覚の整体♪
そ~っとゆらゆら体をゆらしながら痛みや疲れを取る手法!
↓ホームページはこちら↓
やさしい整体☆みよルーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
おすすめ用品
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。